投稿規程

  1. 人間−生活環境系学会の和文誌「人間と生活環境」(以下、本誌という)への投稿は、人間-生活環境系に関する領域の総説、原著論文、技術報告、短報、資料、その他とする。
    • 総説
      人間-生活環境系に関する研究を概観的にまとめたもの。
    • 原著論文
      人間-生活環境系に関する未発表の研究成果よりなるもの。但し、既発表であっても以下のものは応募可能とする。

      1. 大会で発表したもの。
      2. シンポジウム、研究発表会、国際会議などで発表したもの。
      3. 国、地方自治体、業界団体等への委託研究報告書等として発表したもの。
    • 技術報告
      人間-生活環境系に関する実験、調査、製品の製造、試験等の技術に関するもので情報として有用なもの。
    • 短報
      発表時点では未完成であるため、原著論文とすることはできないが、速報する価値があるもの。
    • 資料
      人間-生活環境系に関する調査、統計、実験などで、資科とする価値のあるもの。
  2. 原著論文の筆頭著者は、本学会会員でなければならない。
  3. 本会誌に掲載された論文の著作権は、人間-生活環境系学会に帰属する。従って、本会が必要と認める場合には、転載、または、外部からの引用の依頼があったときには、本会において検討の上許可することがある。
  4. 投稿原稿の採否は、編集委員会において審議の上決定する。
  5. 原稿は、和文で記したものとする。
  6. 原稿は版下原稿を原則とする。版下原稿は、そのまま製版できるように割り付けした原稿であり、版下原稿執筆要項に基づいて作成されねばならない。
  7. 総説、原著論文、技術報告、短報、資料の図表及び図表の説明は和文表記・英文表記のどちらでも可とする。ただし、論文全体を通してどちらかに統一する。
  8. 総説、原著論文、技術報告、資料は、原則として6頁以内とする。短報は仕上がり2頁以内とする。
  9. 原則として、投稿は電子メールの添付ファイルによるものとする。原稿ファイルはpdf形式とする。
  10. 校正は原則として初校のみ著者校正とする。
  11. 掲載料は、規定枚数までは10,000円とし、これを超過する分については、l頁2,000円を著者の負担とする。
  12. 写真のカラー印刷等の特殊な印刷や編集を必要とする場合についても、実費を著者の負担とする。
  13. 別刷りは50部単位で作成し、規定頁まではl部100円、規定頁を過る場合はl部150円を著者の負担とする。
  14. 投稿先は、以下の通りとする。
    郵送の場合
    〒386-8567 上田市常田3-15-1
    信州大学繊維学部
    「人間と生活環境」編集委員長
    佐古井智紀
    メールの場合
    t-sakoi@shinshu-u.ac.jp
    (メールの際は@を半角にして下さい)

附則
この規定は、平成25年9月28日より施行する。